素描のダイナミズムから生まれた螺旋が問いかける、石塚アート

今回から3回にわたって画家 石塚雅子さんの特集をお送りいたします。
石塚さんは、以前「匠ミュージアム」で取り上げた高橋圀夫さんからご紹介
いただきました。
まずは石塚さんの略歴からご紹介いたします。

石塚雅子経歴

1965 埼玉県浦和市生まれ  
1986 女子美術短期大学造形科絵画卒業・卒業制作賞受賞
1987 女子美術短期大学造形科絵画専攻科修了
1989 女子美術大学造形学部洋画専攻卒業
1995 埼玉大学 教養学部哲学思想科 科目履修修了

1992 ホルベインスカラシップ奨学

個 展:

1990.1992 ギャラリーモテキ
1992.1995.1996.1999 西瓜糖
1993  INAXギャラリー
1993.1994 NWハウス
1995.1996.2001.2003.2005 藍画廊
1997.2001.2013 楽風
1998 ギャラリー日鉱
2000 マキイマサルファインアーツ
2002.2004 松明堂ギャラリー
2008.2010.2013 a piece of space APS 他

グループ展:

1993 TAMAVIVANT93
1994 現代日本美術展
1996.1998 接点 埼玉県立近代美術館
1998 臨界点 日韓現代美術交流展
2000 女子美術大学100周年それぞれのまなざし展 ガレリアニケ 
2001 遠心力/求心力 うらわ美術館
2007 松明堂文庫ブックカバーとオブジェ 松明堂ギャラリー
2008 TAMAVIVANT2008 多摩美術大学・みなとみらい駅
2010 女子美110周年記念展 上野の森美術館
2013 STILL SUMMER U マキイマサルファインアーツ 
    Face to face ギャラリーカメリア 他

1990年の初個展から無所属で毎年発表を続けている。
ホームページ http://www.ishizukamasako.com/

石塚さんは学生の頃から画面構成にこだわり、色彩を制限した絵を描いて
いました。 そんな石塚さんがモノクロームの抽象画に移行したのは、とても
自然な事でした。 実験的に黄金比を意識した絵作りを経た後、もっと自由に
素描(ドローイング)の感覚を生かしたいと思い始めます。
そして巨大なキャンバスで大胆に身体の動きを表現。いつしかそれは、
渦=螺旋の表現に至ります。

今回は、石塚さんの作品の中から三点、ご紹介いたします。

「composition」

1992年 1303×1939mm アクリル・オイルステック

 

1998年 3月6日〜3月28日 「彼方より彼方へ」 
ギャラリー日鉱 個展

 

「黒い水」

1998年 1940X3240mm 油絵

 

螺旋は始点から繰り返し回転し無限に広がる象徴です。 生命やエネルギーの
根元を彷彿させる、ダイナミックな螺旋表現は、観る者に問いかけているようだ、
と感じました。
ただ繰り返しているように見えるが、決して留まっていないこと。 小さな始まりで
も関連し合い、波及して、周りに影響を与えること。
「黒い水」は、20年も前に石塚さんが描いた縦194cm、横324cmの大作です。
エネルギーを表す螺旋とぴたりと合い、奥深い作品です。

次回も引き続き、石塚さんの作品の魅力に迫ります。

石塚さんのグループ展のお知らせです。
実際に作品に触れられる貴重な機会ですので、皆様お誘いあわせの上
ご来場下さい。

東京都美術館セレクショングループ展
祭、炎上、沈黙、そして…
POST 3.11


2014年11月26日(水)〜12月7日(日)月曜日休館
9:30-17:30 
11月28日(金)、12月5日(金)6日(土)20:00まで 
12月7日(日)13:30まで
入場料:無料

◆出品作家

安藤栄作  
石塚雅子 
白濱雅也 
半谷 学 
横湯久美

東京都美術館
ギャラリーA

◆ギャラリートーク 
11月29日(土)14:00 〜 石塚雅子/横湯久美
12月6日(土)14:00〜 安藤栄作/白濱雅也

◆会場案内
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
Tel: 03-3823-6921
http://www.tobikan.jp/exhibition/h26_groupshow_1.html

交通のご案内
○JR上野駅公園口より徒歩7分
○東京メトロ銀座線・日比谷線 上野駅7番出口より徒歩10分
○京成電鉄 京成上野駅より徒歩10分
*駐車場はございませんので、車でのご来場はご遠慮ください